被災地支援活動レポート8

被災地支援活動レポート8

宮城県岩沼市総合体育館へ



震災から3ヶ月、仮設住宅が建設され物資も渡り、たくさんのボランティアが訪れ復興に一丸となってやってきました。
しかし、仮設住宅は抽選ですから今だ体育館等で生活を余儀なくされている方達が大勢いるのが現状です。
被災された方々があまりにも多いということです。我々の支援活動も8回目を迎えました。少しずつだけれど被災地が復興していく様を肌で感じて参りました。一杯のすた丼を喜んでいただいた方々からのメールが届きました。「炊き出し隊」にとって何よりのご褒美です。
今回も「元気のもと」をお届けに行って来ました。なんと!なんと!女子プロレスラーの皆さんとのコラボ支援活動です。

 

【炊き出し訪問避難所】
宮城県岩沼市総合体育館
開催時間 11:00~

【今回ご提供の元気のもと】
すた丼1,000杯、モツ煮1,000杯、生ビール300本、お茶500本、ジュース500本、ミネラル500本、お菓子1,800食
女子プロレス試合観戦


我らが「炊き出し隊」の面々
「女子プロレスを見ながら、すた丼喰って東北を元気にしよう」の巻
今回は弊社の支援活動を目にした「女子プロレスラー」の皆さんより「炊き出しに同行して何かお手伝いしたい」との申し出を 受け実現の運びとなりました。女子プロレスの皆様は「炊き出し」ならぬ「試合出し」? でのご参加となりました。 好天に恵まれ近隣の仮設住宅からも沢山の被災された皆様が集まり「すた丼」と「試合観戦」を楽しんでいただきました。
post_15-2
開店後、すぐに行列に!
post_15-3
ドンドン増えて・・・
post_15-4
神奈川イレブン
post_15-5
関西テレビの取材
post_15-6
美味しいすた丼ですよ
post_15-7
大勢の来場者
post_15-8
「すた丼」完売 テント撤収
[全て6/5(日)撮影]
■すた丼災害支援基金を設置致しました。
当社は、この度の大震災において支援活動をしてまいりました。支援活動の一環として 「すた丼災害支援基金」を設立致しました。ご来店いただきました折には、ご協力の程 お願い申し上げます。皆様からの善意は当社が責任をもって日本赤十字社を通して被災 者の方々へお届け致します。
Exif_JPEG_PICTURE

 

【協賛物資内容:第8回炊き出し用】
米 100kg、沢庵 15kg、すた丼具材一式 200kg、モツ煮具材一式、 弁当容器 1300個、みそ汁用カップ 1300個、お菓子、ジュース、 お茶、玉子 50kg、割り箸 1300本、プラスチックスプーン 300本、 イージーバック 1000枚、みそ汁用バック 1000枚、炊飯器 6台、 プロパンガス 5本、ブルーボックス 8個、炊飯ネット 6枚、 発電機 1機

【救援活動賛同企業】

住商フーズ株式会社、株式会社サクラ食品工業、株式会社ゼンチク販売、日本瓦斯株式会社

以上

 

ページトップへ