【伝説のすた丼屋】9/6(火)ローソン「からあげクン」すた丼味登場!

【伝説のすた丼屋】9/6(火)ローソン「からあげクン」すた丼味登場!

 

【9月6日スタート】ローソン「からあげクン」30周年記念企画

東京エリア限定 伝説のすた丼屋 監修“すた丼味” 発売

パンチを効かせた“ニンニク醤油” の風味がクセになる!

株式会社アントワークス(所在地:東京都中野区、代表取締役:早川 秀人)が運営する丼チェーン「伝説のすた丼屋」が監修した“すた丼味”の「ご当地からあげクン」が、<からあげクン30周年記念>として、2016年9月6日(火)より東京エリアのローソン店舗(約1130店:2016年8月末現在、「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」を除く)で発売されます。

 

からあげクン

9 月6 日 東京エリア限定発売「ご当地からあげクン 伝説のすた丼屋監修 すた丼味」

 

今年で発売30周年を迎えた「からあげクン」は、年間約320億円、累計約25.5億食を販売するローソン
の看板商品で、発売当時から価格は200 円( 税別) のまま、若者を中心に幅広い客層に支持されています。
今回<からあげクン30 周年記念>として、ローソンの12 の運営部が独自に開発した全12 種類の「ご当地からあげクン」が各地域限定で発売される中で、東京エリアのローソン店舗では、東京・国立発祥の当店が監修した“すた丼味”の「からあげクン」が発売されます。
何度も試食を重ねて開発された、ニンニクを効かせた濃厚醤油風味の「からあげクン」は、“すた丼” の名に恥じないパンチのある味に仕上がっております。

 

【「伝説のすた丼屋」について】

■「すた丼」とは…
“秘伝のニンニク醤油ダレ”で炒めた柔らかでジューシーな豚バラ肉を、並盛で茶碗約3杯分もの大盛りご飯にのせたスタミナとボリューム満点の丼ぶりです。1971年創業のとあるラーメン屋の店主が「旨いものを腹いっぱい食べて頑張って欲しい」という想いで、試行錯誤の末に生み出した元祖スタミナ丼です。

 

スタ丼イメージ

すた丼 並/630円(税込)

 

■「伝説のすた丼屋」の歴史
「すた丼」は、1971年に東京都国立市に創業された「サッポロラーメン 国立店」で、創業者である店主が『若いやつらに安くて旨いものを腹いっぱい食べさせてやりたい』という想いを込めて試行錯誤の末に生み出しました。
もともとは“まかない飯”として考案されましたが、常連のお客様の間で噂が広まりラーメン屋のメニュ-として販売されるようになると、その他に類を見ない味とボリュームのインパクトがいつしか口コミで東京多摩地区に広まっていき、後に、お客様からの熱い要望により「すた丼」を主力商品とした「名物すた丼の店」が開店しました。
「名物すた丼の店」は、2004年に東京都23区内初となる早稲田店(現在は移転し高田馬場店として営業中)の出店を機に、屋号を「伝説のすた丼屋」に改めました。当社の転機はその2年後、2006年に京浜急行線品川駅高架下にある<品達どんぶり五人衆>内に品川店を出店した際、当店が施設全体の売上の50%以上を占めるという好調な結果となったことを受け、全国展開・海外進出を目標に掲げました。
その後2011年にフランチャイズ事業を開始し、出店は一気に加速。1999年時点まで3店舗だった当店は、関東を中心に店舗拡大を進め、2009年に関西、2011年に東北、2014年に北陸は福井県、2015年中に九州は熊本県・福岡県、中国地方・広島県へと進出を果たし、現在全国に73店舗を展開しています。また、2015年5月には、アメリカ・シカゴにある日系スーパーマーケット「ミツワマーケットプレイス」のフードコート内に海外1号店を、2016年3月には同じく「ミツワマーケットプレイス」のトーランス店内に海外2号店をオープンしました。

 

ページトップへ